FC2ブログ

記事一覧

ポジショナルクローニング

ポジショナルクローニングとは連鎖解析を用いて目的とする遺伝子をマッピングし、マッピングされた領域の塩基配列を調査し、目的遺伝子を同定する技法。調査対象の表現型と多数のDNAマーカーを用いて詳細な連鎖地図を作製することで、目的とする表現型と密接に連鎖するDNAマーカーがわかる。そのマーカー部位の近傍の塩基配列をシーケンスすることにより、目的遺伝子の塩基配列を得ることができる。高校で教わる連鎖解析の要領です...

続きを読む

ウエスタンブロット

ウエスタンブロットとはタンパク質をSDS-PAGEで分離し、メンブレンフィルタに転写後、抗体をプローブとして検出する方法。電圧をかけることにより、SDS-PAGEのゲルからメンブレンにタンパクを転写する。有る抗体に対する抗原タンパク質をコードする遺伝子を直接クローニングする際等に便利な手法。DNAの検出はサザンさんにより開発されたため、サザンブロットと言います。RNAはノーザン、タンパクのウェスタンはこれにちなんで名づ...

続きを読む

アクティベーションタギング法

アクティベーションタギング法とは突然変異体を作成することで、遺伝子に関する情報を得る手段の一つ。近傍の遺伝子の発現を増強するアクティベーションタグと呼ばれる塩基配列を目的生物のゲノム上にランダムに導入する。アクティベーションタグがゲノムのどの部分に挿入されたかにより、発現が増強される遺伝子がことなるため、現れる表現型がことなる。アクティベーションタギング法により作成した突然変異体と野生型の表現型を...

続きを読む