FC2ブログ

記事一覧

インサートライナー(GC)

インサートライナーとはガスクロマトグラフィ分析の際に使用する部品。注入口したにセットする。注入された試料はインサートライナー内で揮発し、カラムへ導入される。基本的に、内壁は不活性処理が施されている。テーパーがあるものや、内径が細いもの、太いもの等種類は様々。分析の種類により、適切なライナーを選択する必要がある。スプリットレス分析では、注入試料のオーバーフローが起こりやすいので、内径が小さく、テーパ...

続きを読む

プライマー

プライマーとはPCRの際に使用される、DNA合成の起点となる短いDNA断片。DNA合成の際に、種のような役割を担う。DNAポリメラーゼはプライマーとなるDNA断片がなければDNAの伸張を行うことができない。プライマーは20塩基対程度のものが多い。目的配列を挟み込むような一対のプライマーを使用することで、目的配列を増幅することが可能となる。単位は塩基対ではなく、merを使用することが多いです。プライマー...

続きを読む

ディスクリミネーション(GC)

ディスクリミネーションとはガスクロマトグラフィで試料を注入するさいに、試料溶媒の組成が変化する現象。一般に、低沸点溶媒比率が高く、高沸点溶媒の比率が低くなる。シリンジで手打ち注入した場合に起こりやすい。シリンジのニードル部分を注入口に挿入した際に、ニードル内の試料が注入口の熱により温められ、より気化しやすい低沸点溶媒がカラム内に流れ、高沸点成分はニードル内にのこることによる。ディスクリミネーション...

続きを読む

間接金融

間接金融とは融資をする側と受ける側の間に銀行等の仲介期間が存在する金融の形態のこと。銀行に預金されたお金は銀行から企業への融資に使用されるため、間接金融となる。このような場合、貸し倒れ等のリスクは銀行が負うことになる。融資する側が直接融資をする場合は直接金融という。銀行に預金するだけで間接的に企業に融資していることになるんですね。銀行が融資したお金を回収できなかった場合でも、銀行が破たんしない限り...

続きを読む

キャピタルゲイン

キャピタルゲインとは保有している株や債券等の価格の上昇による利益のこと。資本利益。ただし、売買が成立しないとただの含み益で、利益が生じるわけではない。逆に、価格が下がって損をする場合をキャピタルロスという。保有している金融資産の配当や利子で得られる利益はインカムゲインという。株取り引きの醍醐味ともいえますね。人気ブログランキングへ...

続きを読む

オーソライズドジェネリック

オーソライズドジェネリックとはオーソライズつまり公認されたジェネリック医薬品のこと。新薬メーカーがジェネリックメーカーと契約し、ジェネリックメーカーに特許使用権が与えられ、販売されるジェネリック医薬品。通常、ジェネリック医薬品は、有効成分は先発薬と同等だが、その他の添加物や製造法は異なる。しかし、オーソライズドジェネリックの場合は、特許使用権を得ているため、先発薬と全く同じ成分、製造法で作ることが...

続きを読む

インカムゲイン

インカムゲインとは株や債券等を保有している際に得られる配当や利子等の所得のこと。金融資産を保有しているだけで得られる所得で、いわゆる不労所得。一方、保有している株等の値上がりにより利益はキャピタルゲインという。インカムゲインによる不労所得のみでの生活に憧れますね。インカムゲインのみで生活できるようになるにはかなりの資産が必要となりますが・・・人気ブログランキングへ...

続きを読む

基準価額

基準価額とは投資信託の売買価格のこと。投資信託の純資産額を口数でわった値。スタート時は1万口あたり1万円で設定され、運用成績に合わせて変動する。分配金の原資となるため、分配金が出るたびに、分配金と同じだけ基準価額は下落する。基準価額の高い低いだけでは割高割安は判断できませんので、注意しましょう。基準価額は一日一回変動します。投資信託を保有する方の多くは長期保有となると思いますので、毎日の基準価額はそ...

続きを読む

ストロー効果

ストロー効果とは新幹線や高速道路等の整備によって、小さな都市が東京等の大都市に経済的に取り込まれてしまう現象。交通網の発展により、大都市と小都市との時間的距離が短くなり、より魅力的な都会へ人や金が吸い取られてしまう。交通の便が良くなる一方で、小都市での弊害がでてくるんですね。地方には地方の魅力があるので、うまくアピールして人を集めていかなくてはなりません。人気ブログランキングへ...

続きを読む

金利敏感銘柄

金利敏感銘柄とはその名の通り、金利の変動に敏感に反応する銘柄のこと。電力、ガス、金融業、不動産業等が代表的。金利敏感銘柄は有利子負債を多く抱えるために、金利と連動して株価が変動する。つまり、金利が上昇した場合、支払利息が増えるため、業績が悪化し逆に、金利が下降した場合は、支払利息が減少するため、業績が向上する。従って、金利が上昇すると株価は下落し、金利が下降すると株価は上昇する傾向にある。人気ブロ...

続きを読む