FC2ブログ

記事一覧

マイナンバー制度

マイナンバー制度とは、国民一人ひとりにふよされる12ケタの番号で、社会保障や、税等の情報を管理する制度。社会保障、税制度の効率性、透明性を高め、より利便性の高い社会を目指す。マイナンバーにより、複数の機関に存在する情報が、同一の人物の情報であることが容易に確認されるため、情報の照合、入力等が容易になるため、これまで面倒だった手続きが、簡易化され、行政の効率化が可能となり、それに伴い、国民の利便性も向...

続きを読む

知っていると何かと便利 パレートの法則

パレートの法則とは、全体の数値の大部分は、その数値の構成要素のうちの一部が生み出しているという説。もともと、経済学者のヴィルフレド・パレートが提唱した、社会全体の所得の約8割は2割の高額所得者が占めているというもの。所得の場合のみならず、多くの事象にこの経験則が成り立つ。問題解決の際にもこの考えが応用されることもある。問題の解決には、思いつくすべての要因について対処するのではなく、影響度の大きいいく...

続きを読む

細胞のエネルギー工場ミトコンドリア

ミトコンドリアとは、真核生物がもつ細胞小器官の一つ。細胞内では、主に好気呼吸によるエネルギー生産の役割を担う。核に存在するDNAとは別の独自のDNAを持ち、二重の膜を持つ。ミトコンドリアは、好気性最近の一種が真核細胞に共生することにより、獲得されたという説が有力。独自のDNAを持つことや、二重の膜を持つことも、もともとは別の生物だったことを示す根拠となる。ミトコンドリアは細胞質に存在しているため、...

続きを読む

株の割安度の指標PER(Price Earning Retio 株価収益率)

PERとは、その会社の時価総額(株価×発行株式数)を純利益で割ったもの。また、株価を1株あたりの利益(EPS)でわる場合もある。従って、株価が下がる、もしくは時価総額(一株あたりの利益)が増えるとPERはさがり、逆に、株価が上がる、もしくは時価総額(一株あたりの利益)が減るとPERは上がる。時価総額が同じであれば、株価が低い方がその株は割安であると考えられるため、一般的に、PERが小さい場合、その株...

続きを読む

謝礼がおいしいふるさと納税

ふるさと納税とは、自分が住んでいない自治体に寄付することにより、寄付金額とほぼ同額の税金が控除される制度。また、自治体によっては、その地元の名産等の謝礼を受け取れる場合もある。寄付ということで、そのお金の用途もある程度選択することができる。開始当初は、控除を受けるには確定申告を行わなければならなかったのですが、現在では、寄付した自治体が5ついないであれば、確定申告は不要となっています。人気ブログラ...

続きを読む

飲みやすい薬に、口腔内崩壊錠

口腔内崩壊錠(Oral Disintegrant錠 : OD錠)とは、口の中ですぐに溶けるタイプの薬。口の中でとけるため、錠剤をのみ込むのが困難な方でも服用することができる。また、水なしで飲めるため、いつでも、どこでも服用することができる。口腔内で吸収されるわけではない薬もあるため、口の中でとかした後は、唾液を飲み込みましょう。人気ブログランキングへ...

続きを読む

政府の方針で市場拡大?!ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、後発医薬品とも言われ、特許期限の切れた新薬と同じ成分を含み、同じ薬効を示す薬のこと。新薬とのように膨大な開発費はかからないため、安価で市場に出回る。新薬と同じ有効成分を持つが、添加物等は、新薬と全く同等ではないため、薬の効き方には若干違いがでることもある。また、添加物をかえることにより、より飲みやすくなるような工夫を凝らしているものもある。厚生労働省はジェネリックの普及目標...

続きを読む

親も加担?宿題代行サービス

宿題代行サービスとは夏休み等の長期休みにおなじみの大量の宿題を学生の代わりに行い、その対価として賃金を得るサービスのこと。大学生等がバイトとして行う。宿題の内容などにより、相場が異なる。進学塾等に通い、学校の授業程度の宿題をやる暇がない子を持つ親が依頼するそうです。親主導でこのようなことを行うのはいかがなものかと思いますね。また、学校側も子供にやりたいと思わせるような宿題の出し方を考える等の工夫が...

続きを読む

長期投資の際の基本 ドルコスト平均法

ドルコスト平均法とは、株や投資信託等の金融商品を、定期的に一定額継続して購入し続けるという手法のこと。決まった金額で毎回買い付けするため、購入商品の価格が低い時は購入数量が多くなり、価格が高い時は、購入数量が少なくなる。したがって、平均取得価格を引き下げることができる。ドルコスト平均法は、相場が上下しているような場合に効果を発揮しやすい。一方で、単純な上昇相場では、ドルコスト平均法より、低価格時に...

続きを読む

デリバティブ

デリバティブとは、株、外国為替、債権、原油等の金融商品の指標を参照する先物取引等の総称で、金融派生商品ともいう。もとは株式や通貨などの資産から派生し、リスク回避を目的に開発された。もととなる金融商品の価格変動を利用して利益をだす。代表である先物取引では、この先、商品を売買する権利を購入するオプション取引や、金利や、通貨をあらかじめ契約した条件で交換するスワップ取引等がある。レバレッジを効かせること...

続きを読む